自律神経失調症治療

自律神経の乱れからくるお身体の不調をただす治療をしています。

仕事、人間関係等々日々のストレスにさらされると、交感神経という自律神経が優位に働くようになります。交感神経は血管収縮や心拍数増加などお身体を戦闘状態にする働きがあります。長く交感神経緊張状態が続くと頭重感、耳鳴り、めまい、肩こり、生理不順、体調不良等が出現します。このような症状にお困りの方に交感神経の活性を抑え、相対的に副交感神経を優位にし諸々の不定愁訴を改善する可能性がレーザー治療にはあります。副交感神経はお身体をリラックスさせる状態にします。

諸々の不定愁訴をお抱えで、心療内科や精神科で薬を飲むことがためらわれる方の一助となればと思っています。

 

なぜレーザー照射で効果があるの?

ペインクリニックでは第7頸椎、第1胸椎前面にある星状神経節ブロックを肩・上肢の痛みの治療で行っております。文献的にはブロック注射とレーザー照射では交感神経抑制効果はほぼ同等。患者様から自律神経失調症と思われる諸々の不定愁訴が改善していると学会でも報告があり、ブロック注射は危険性があるため本治療にはレーザー照射を導入しています。

星状神経節の部位になります。自律神経失調症と思われる不定愁訴にはブロックは危険です。安全なレーザー照射で症状の改善を図ります。


□最近疲れやすい

□不眠症である

□かぜをひきやすい

□イライラする

□耳鳴りがする(耳鼻科では異常なしと言われた)

□頭が重い

□首肩がすっきりしない

□生理不順(産婦人科では異常なしと言われた)

 

1項目でも当てはまれば自律神経のバランスが崩れている可能性大です。自律神経のバランス、乱れの簡便な検査法はまだ確立されていません。

当院では自覚症状、患者様の訴えを元に治療しています。

当然器質的疾患が疑わしい場合、採血・レントゲン等検査・精密検査を勧めています。

 

 

 

 

スーパーライザー 使用する機械です
スーパーライザー 使用する機械です

自律神経回復レーザー治療の実際

7分間首の付け根にレーザー照射をします。首の骨の前面にある星状神経節近傍にレーザー照射をすることで交感神経の活性を抑え、副交感神経を優位にしリラックスした状態にしていきます。

痛みも全くなく、危険性もありません。ほとんどの方が保険適応になります。

週1~2回で数か月の施術を推奨しています。

照射をイメージになります。

危険性はありませんからご安心ください。