肩こり治療について

肩こりの原因

☑日常生活のストレス

☑長時間のPC、スマホ操作

☑頸椎の変化

☑更年期障害

☑高血圧

☑歯ぎしり、嚙み合わせ

等々。

治療の基本は肩回りの筋肉をよく動かす、ストレッチをすることが大切です。


治療法(保険診療です)

内服・近赤外線レーザー・神経ブロックの組み合わせで治療。患者様の症状や都合に合わせて治療法を提案します。

内服 

痛み止め、筋肉をほぐす薬、胃薬を処方し1週間弱経過観察。更年期障害の方には漢方薬も併用。高血圧の方は高血圧治療を優先します。

近赤外線レーザー治療 

近赤外線レーザーをこり張り部位に7~10分程度照射。

①筋血流を増加。

②抗炎症効果で筋細胞から出る炎症物質を減少。

①②で肩こりを軽快させます。危険性は全くありません。週1~2回程度の照射をまずは1か月程度続けてください。

神経ブロック 

肩こり、首こりがひどくなって頭痛まで出てしまう方に有効。肩や首の筋肉に局所麻酔薬を注射します。一般の方は筋肉注射と同じに感じます。針の太さは予防接種程度。さほど痛くありません。注射後運転、入浴も可能。内服で良くならない時や痛みを伴う時にします。