腰痛・ぎっくり腰治療

このような方が受診してます。

①ぎっくり腰で動けない。

②整体、マッサージでは限界。

③整形外科でも良くならない。

④慢性の腰痛。

⑤また腰痛が起きるか心配。

ぎっくり腰は同意後ブロック注射で痛みをとります。かなり動けるようになります。腰痛で来院が厳しいと思いますが何とかたどり着いてください。

当院の患者様は腰回りの筋肉の拘縮が原因がほとんどです(筋筋膜性腰痛症)。ブロック注射で筋肉の拘縮が即楽になります。まず痛みをとって普通の生活を取り戻しましょう。


|原因|

①背骨や椎間板の問題・・腰部脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、椎間板症、椎間関節障害、仙腸関節障害、圧迫骨折など。

②背骨周辺の筋肉の障害・・いわるゆ筋筋膜性疼痛。当院ではこれが一番多いです。

③内臓や血管の病気が原因

④がんの転移または原発

⑤背骨手術後の痛み・しびれの残存

⑥ストレス等その他の原因・・無視できない要素ですが検査ではなかなか原因として現れません。

|治療法|

①神経ブロック・・「荷物を持って急に腰が痛くなった」等ぎっくり腰等にはブロックは効果的です。

②内服・・腰痛は局所に炎症があると判断しています。消炎鎮痛薬(いわゆる痛み止めです)の服用がメインです。ただし無痛は麻薬を使用しても無理だと思ってください。

③近赤外線レーザー照射・・腰にレーザー照射します。危険性はありません。腰回りの筋肉の血流を改善、筋肉自体をほぐします。週1~2回の照射を1か月程継続。