がん遺伝子治療

当院で一番推奨しています。がんは細胞の増殖等を司る遺伝子の異常でおこります。さらにがん細胞はがん細胞周囲に免疫細胞を寄せ付けない防御網を作ります。がん細胞を抑制する遺伝子を直接がん細胞に取り込ませれば理論上非常に有効です。

 

がん遺伝子治療は、正常細胞に悪影響を与えずに、全身のがん細胞に効果を発揮する治療法です。

米国で製造・使用され安全性が報告されています。日本では未承認医薬品です。米国ガンキリン社よりがん遺伝子治療薬を輸入し、当院の責任で点滴投与します。がん免疫療法より効果的と推測しています。

 

|治療対象|

☑標準治療(手術、抗がん剤、放射線治療)で手の施しようがないと言われた

☑余命半年以下と告知された

☑残された時間が少なく、がん免疫療法の免疫細胞培養期間1か月程が待てない

☑早期がんで手術は成功したが再発するか不安

☑転移している

☑術後の抗がん剤治療が副作用で十分にできない

☑早期がんだが良さそうなことは何でも取り入れたい

 

点滴治療になります。副作用は発熱と全身倦怠感が数日でる程度しかでていません。残された時間を少しでも長くするために挑戦する価値はあると思います。初診時に病状の分かる資料があると助かります。なくても構いません。主治医の紹介状は不要です。むしろ内緒にした方がいいと思います。

 

当院で必要に応じ腫瘍マーカーやCT,MRI検査をします。受診時に説明します。まずはメールか電話で受診予約をお願いします。web予約不可。 保険証をお持ちください。

当院で使用するがん抑制遺伝子

p53,CDC6,p16,PTEN。これらを点滴します。

|受診・治療法|

⓪電話予約。初診時は保険証をお持ちください。

①説明・同意・・同意後当日点滴投与可能です。

説明時にご本人様だけでなく、近しいご家族様も一緒に説明を受けて欲しいです。

②がん遺伝子治療薬を点滴(約30分)

③終了後、会計。

④約2週間毎の点滴を計6回。

⑤病状により追加投与5回の場合もあり。

詳細は受診時に説明します。

6回の治療が難しい場合、1回~数回でも構いません。まずはチャレンジ。

|副作用|

①発熱

②全身倦怠感

数日でる場合がございます。副作用防止のため少量ステロイド剤を点滴に混合。概ね以上です。効果には個人差がございます。

|ご料金|(カード支払い1回払いのみ可) 自費です。保険は使えません。

300,000円/回(税抜)・・がん遺伝子治療薬代等含む。

処置・手技料 10,000円/回(税抜)。

腫瘍マーカー検査やCT検査等は別途かかります。詳細は受診時に説明します。