新型コロナウイルスに感染し自宅療養の方へのオンライン診療

自宅療養を強いられている方に電話またはzoom診療(オンライン診療)をします。

電話による症状の確認、お薬の処方が可能です。

一刻も早くDrの管理下に入り症状の推移を診療する必要があります。

自宅療養と言われたら当院でなくてもいいので行政や医療機関に相談し医療を受けてください。

「呼吸ができない」「意識がもうろうとする」等の症状は命の危険があり、お住まいの自治体の行政への問い合わせか救急要請が必要です。酸素は治療薬ではなく、まずは肺炎等を治療する投薬が必須です。

対象地域は横浜市青葉区・都筑区・緑区・旭区・瀬谷区。

自宅療養が激増しておりオンライン診療を開始しました。

対応やシステムに不備があれば修正しつつ一刻も早く医療を提供することを目標にしています。

16歳以上の方に対応しています。

院長は集中治療専門医でしたので重症肺炎の治療に慣れています。

通常のご病気のオンライン診療

風邪、腹痛等の普通の病気の電話またはzoom診療(オンライン診療)もしています。

診療のながれは下記の通り。ただしお薬の処方日数は最大7日間と厚労省より決められております。

対象地域は横浜市青葉区・都筑区・緑区・旭区・瀬谷区。

オンライン診療で治療を開始して症状が改善しない場合、

当院もしくは近所の医療機関を必ず受診してください。

やはり対面診療には劣ります。

診療のながれ

①web予約(当院が初めて、2回目以降の方でもオンライン診療でお申し込みください)、

または電話で診療申し込み。

診療時間内のみ対応です。

➁web予約の場合、コメントが入力できます。

現在の症状、ご持病等ご記載ください。

予約時間になりましたら当院にお電話ください。

初回は診療前準備のご案内をします。

③診療開始前準備→保険証を当院にFAX 045-978-6679またはsun-pain@jeans.ocn.ne.jpにメールで添付してください。

④当院で保険証確認、カルテ作成。

⑤オンライン診療開始。所要時間5分弱です。まずはこちらからの質問に返答してください。そのほうが早く病状がが把握できます。自宅療養中の方は体温、酸素飽和度、1分間の呼吸回数、血圧、尿は出ているか?食事は食べられているか?を事前に把握してください。可能な範囲で大丈夫です。

⑥お薬の処方。お薬の受け渡しは後述。

⑦後日再度オンライン診療。指示します。

⑧新型コロナウイルスに感染し自宅療養の方は自己負担はありません。受診時に自治体発行の罹患証明書や自宅療養証明書等をFAXまたは添付しメール送信してください。

⑨通常診療の方は請求書を郵送します。当院指定口座に診療費をお振込みください。申し訳ございませんが、振込手数料は患者様負担でお願いします。費用は普通に受診した時とさほど変わりません。

メールで診療はできません。メールで病状の問い合わせには返信できません。

お薬の入手方法

患者様の指定する薬局様に当院から処方箋をFAX。

身内の方等に取りに行ってもらう。薬局様から郵送してもらう。

患者様と薬局様のお話合いになります。