ペインクリニックとは?

初診患者様からの「この神経ブロックをして欲しい」等神経ブロックの指定はお断りしてます。

診察、検査の上診断し適切な治療をご提案します。紹介状をお持ちでも、言われるがままに神経ブロックはしません。ブロック注射は大好きですが、トラブルを避けるため慎重に対応しています。院長にお任せください。また初診時の緊張した患者様にブロックをすると、気分不快、血圧低下や迷走神経反射で徐脈になる事が多いため、初診時のブロック注射は慎重にしています。

 ペインクリニックとは?と深く悩まずに「痛い」「しびれる」等の症状で受診してください。診察・診断し病気を治療し、痛みを治します。ただ痛みをとる、ごまかすのではありません。慢性の痛みは一回の治療で消え去ることはまれです。根気強く治療を受け、痛みの程度を軽くし、日常生活で出来ることを増やすことが目標です。そのためリハビリを重視しています。

 

以下の症状の方がお見えです。

肩こり・首こり

肩関節周囲炎(四十肩,五十肩)

☑腕の痛み・しびれ

腰痛・ぎっくり腰

☑足の痛み・しびれ・坐骨神経痛

☑頭痛

☑膝関節痛

☑円形脱毛症

☑突発性難聴・メニエル病

☑顔面神経麻痺

☑顔面けいれん・眼瞼けいれん

☑脳梗塞後遺症による手足の拘縮

☑多汗症

がんの痛み

☑その他全身の痛み・しびれ

 

診療のながれ

①初診の方 問診票ご記入後、診察。受付時に他院からの紹介状、お薬手帳等あれば提出してください。

②診察と必要な検査。「検査をしたくない」と申し出る方がおられます。検査をせねば診断がつきません。ご協力下さい。

③検査結果をもとに最適な治療法のご提案。

院長です
院長です

当院の主な治療法

①内服

お薬での治療が基本になります。

お薬に下記の治療を加えていきます。

神経ブロックはほとんどしなくなりました。


②近赤外線レーザー治療・リハビリテーション

主にリハビリテーションで用います。血液を固まりにくくするお薬を服用の患者様、注射に抵抗感のある患者様にも行います。痛みもなく約5~10分程度で終了します。近赤外線レーザーは局所の炎症を抑え、血流を改善します。非常に効果的。メインの治療です。

 

③神経ブロック

内服主体でご病状により神経ブロックを提案します。初診時の緊張した患者様にブロックをすると、気分不快、血圧低下や迷走神経反射で徐脈になる事が多く慎重にしています。

安静が必要な下記神経ブロックはしません。

☑硬膜外ブロック

☑星状神経節ブロック

☑透視が必要なブロック

☑腕神経叢ブロック

☑その他 Moter blockが起こるブロック

 

ボトックス注射

痙性斜頸、顔面けいれん、眼瞼けいれん、多汗症に行います。自費肩こり、慢性腰痛ボトックス注射はこちら。

⑤関節内注射

ヒアルロン酸等を関節内に注射し関節軟骨の保護・再生、動きをなめらかにし痛みを和らげます。